トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記17 絹代繚乱

   つぶや記 17 
   絹代繚乱

  6月22日、田中絹代ぶんか館は、1万人目の入館者(防府市の白川千津子さん)をお迎えしました。白川さんは大の田中絹代ファンで、この偶然の幸運におどろいたり、喜んだりでした。
わたくしは1万人目の入館者認定証に添えて、サイン入り著書『花も嵐も』(文春文庫)、それに絹代が『サンダカン八番娼館・望郷』で受けた銀熊賞のトロフィをスケッチした下手な絵に「絹代繚乱 田中絹代」と書いた色紙を差し上げて、白川さんの幸運を祝福しました。
絹代も強運の人でした。大阪の琵琶少女歌劇団にいた絹代が、映画女優にあこがれたころの大正12年(1923)に関東大震災があり、東京の撮影所が京都に移リました。絹代が松竹下加茂撮影所に入社したのは、その翌年です。 
映画のほうから絹代に接近して
きたのです。運の強い人には天変地異までが味方を するということでしょうか。成功する人の条件のひとつが「強運」だということを、それからの彼女の行路に数多く見ることができます。 
さて開館いらい4カ月で1万人という入館者は、想定を倍近く超える
数字ですが、喜んでばかりはいられない。問題はリピート(再訪)する人がどれだけいるかということでしょう。潜在する今ひとつの問題は、絹代に親 がふさがれます。先人顕彰活動感をいだくある年齢層だけにサポートされていては、展望 の本質、また文化芸術gin-1.jpgとの触れあいを深める文化施設としての存在こそが、市民の利用を促進するのだと認識してきましょう。       (古川  薫)

                                              

 

 

 

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料