トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記81


  つぶや記 81
 絹代の赤いハイヒール

 先日、俳誌「其桃」(下関市・中村石秋主宰)の田中絹代ぶんか館吟行がありました。ぶんか館3階休憩室に短冊が展示してありますが、送ってもらった句稿の中から、わたくしの好きな作品を紹介させていただきます。

 渋団扇赤いグラスを二つ置き           中村石秋
 梅雨明けを待たるる絹代の赤い靴      福島 泉
 大女優の光陰たたむ扇子かな          川上恵子
 赤い靴涼しき顔の絹代かな              井上灯子
 絹代愛用の団扇昭和をあふぎけり      池田尚文 
 青嵐や絹代艶然と銀熊賞                金谷初枝
 江戸切子朱盃に透かす夏座敷          坂本悦子
 館より出でて夏帽目深にす               角田節子
 薫風や琵琶ひく絹代おさげ髪            前田冨美
 七月や絹代の赤いハイヒール            田中美智子
 絹代館絹代ファンの蛇もきて              山下清子

 その後、共同通信社大阪支社文化部記者の上野敦さんが、田中絹代ぶんか館を取材にこられました。映画俳優個人にかかわる記念館は、国内に数ヶ所しかないそうです。それぞれの特色を比べることになるのでしょうが、記事はこの近くでは山口新聞に配信されるはずです。
 「この館でいちばん見せたいものはなんですか」と上野記者がわたくしに尋ねられました。見せたい遺品は山ほどあります。わたくしはとっさに絹代のハイヒールを挙げました。「其桃」吟行の3人が絹代のハイヒールを詠んでおられます。
 さて大女優田中絹代の偉大な業績を支えた、てのひらに載るほどの21センチの赤い靴が、ぶんか館の展示ケースの一隅から無言に語る人間の命のかたちを、新聞はどのように紹介してくださるのか。楽しみです。(古川 薫)

 


   

 

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料