トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記38

    つぶや記 38
    世間とはそんなもの

 前回、川棚温泉と山頭火のことについてお話し、「世間とはそんなもの」などと言い捨てた感じになりましたので、すこしばかりフォローします。コペンハーゲンに行って目につくのは、ランド・マークになっている「人魚姫」です。
 作者のアンデルセンはデンマークのオーデンセ島の貧しい靴屋の子に生まれ、教育も受けられなかったので、故郷の人々は軽蔑して目もくれなかったそうです。
 無一文で首都コペンハーゲンに出た彼の才能を認めた王立劇場の支配人コリンの援助で、外国に旅立ちます。ドイツ・フランス・スイスを経てイタリアに遊ぶ。イタリアの風物に感激して書いたのが、逆境に生い立った青年の詩と愛とさすらいの物語『即興詩人』です。これには作者の全体験が投げ込まれているといわれています。この作品で一躍世界に知られる存在となりますが、彼の本領は童話であり『人魚姫』や『マッチ売りの少女』はじめとする数々の名作を後世に遺しました。そのほとんどは故郷を離れた異郷の空の下で書かれたのです。
 「旅は私の学校」「旅することは生きること」とアンデルセンは言っています。漂白の人生を宿命とするような山頭火の生き方にも、それに重なりますが、故郷を喪失したこの人々が、あるいは彼らを容れなかった「故郷」で、今さらのように慕われ、誇らしげに宣伝されている例が古今東西に転がっています。田中絹代にしても、女優になったころは、映画というものへの偏見から、郷里の人々は冷たい目を投げていたのですから。やはり「世間とはそんなもの」というほかありませんねえ。     
                                                                            (古川 薫)

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料