トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記27 姥捨山長寿大国

つぶや記 27 
姥捨山長寿大国

田中絹代主演、木下恵介監督の『楢山節考』は、昭和33年(1958)松竹大船作品です。深沢七郎の小説を映画化したもので、絹代は49歳、例の投げキッス事件のとき、意地悪な新聞から「老醜」と揶揄された屈辱が、まだかすかに尾をひいておりました。
すでに『真昼の円舞曲』(絹代40歳)のとき、健康な前歯4本を抜いています。その差し歯をはずしての体当たりの演技であり、老いを逆手にとった老婆役への捨て身の挑戦でした。
おりんは、山に捨てられる覚悟ができていながら、息子の辰平は老女を捨てに行こうとしない。それが年をとって歯も抜けないほど元気でいるためだと知り、おりんは石臼をかじって、前歯を折ってしまいます。老婆が石臼に噛みつく鬼気迫る場面が話題となりました。
その年、絹代のふるさと下関は、関門国道トンネル開通でにぎわうなど、国じゅうが好景気にうかれているころです。そこへ貧しく悲しい姥捨伝説を送り出す皮肉は、もちろん映画人の意図するところだったのでしょう。親を老人病院へ入れて、見舞いにも行かない現世の姥捨が、社会現象として、ひそかに進行していたのです。
『楢山節考』は、「キネマ旬報」ベスト・テンの1位となり、女優賞を受けて、『サンダカン八番娼館・望郷』とならび、絹代の女優生活の最終をかざる2大作品となりました。
姥捨ての残酷な風習の事実は、遠いむかし、あったにちがいないが、それは伝説としてのみ形をとどめていると、思われてきました。このごろ100歳を超える老人の行方不明事件が、次々と発覚して大問題となっています。
長寿大国を誇る日本の恥部がニュースとなって、地球を駆けめぐっていると聞き、先人顕彰館2階に展示してある『楢山節考』の中の美しく老いた田中絹代の白髪の面差しが、愁いで曇っているように見えるのも、たいへん悲しいことであります。                   (古川 薫)

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料