トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記24

 つぶや記 24
 君はいくつになりますか

 前回「河上徹太郎と中原中也 ー その詩と真実」展で、書き漏らした話をします。わたくしは昭和51年の春、「新潮」編集長の坂本忠雄さん(現開高健記念館長)の紹介により下関で、晩年近い河上先生にお会いしました。そのときのことです。 
 偶然、河上先生と差し向かいでコーヒーを飲む機会がありました。偉い人の前で、私が無口になっていますと、沈黙を破るように先生が話しかけ
てこられました。
 「君はいくつになりますか」
 これですよ。この質問。わたくしはいつか年下の人に、親しみをこめてさりげなく、こんな質問がしてみたいと、かねてから思っているのですが、
できませんね。それが人間の貫禄というものでしょう。
 そのときたしか74歳の河上先生から、
「君はいくつになりますか」
と年齢をたずねられて、わたくしはたじろぎながら、「50になります」と答えました。わたくしは直木賞を何度か落選したころでしたので、「恥ずかし
ながら」というほどの気持ちをふくめて、そう答えたのです。
 「若いなあ。いいねえ」
 まるで感嘆まじりに言って、先生はわたくしに頬笑みかけられました。
それ以上のことは、なぜか記憶が消えてしまっていますが、「君はいくつになりますか」という河上先生の問いかけは、その後長い歳月、今もです
が、わたくしの脳髄のなかでリフレインしているのです。
 あヽおまへはなにをして来たのだと・・・・・・
 吹き来る風が私に云ふ

 中也詩『帰郷』の一節と重なって、「君はいくつになりますか」という河上
先生の声が折にふれてはよみがえり、わたくしの肩を揺さぶるのです。
 これ、わたくしの詩と真実であります。             (古川 薫)

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料