トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記130

つぶや記 130
絽の衣女優魂

 俳誌「其桃」女性句会の田中絹代ぶんか館吟行作品が寄せられました。ほぼ定期的に催されている吟行ですが、季節毎のまた来るたびの新しい発見があって、俳句の世界の奥深さを味わいました。こんどは芥川賞受賞の田中慎弥展を詠んだものもあり、多彩な内容となりました。約80句から選ばれた16句を紹介します。

 の衣に女優魂透し見ゆ       角田節子
 

 原稿の分厚き梅雨の重さかな    池田尚文
 

 夏燕田中慎弥の生きる街       福嶋  泉
 

 忘却の光陰透くる絽の被衣      川上恵子
 

 紙魚しるき絹代の台本梅雨に泛く   坂本悦子
 

 青水無月廊下曲れば絹代笑む    金谷初枝
 

 短夜や原稿はみ出す赤鉛筆      前田冨美
 

 夏館馬関の文豪そろひたる       井上灯子
 

 梅雨蝶や川底までの錆梯子       清水 元
 

 川沿ひの小さき菜園茄子の花      吉原正子
 

 街路樹の茂りを来たり絹代館      村松恵美
 

 赤い靴似合ふ絹代の七変化      河原美江
 

 絹代館カットグラスの白涼し     田中美智子
 

 夏燕五穀神社の芙美子の碑      松永聖子
 

 父と観し愛染かつらや遠き夏      倉富康成
 

 梅雨微光辿る慎弥の鉛筆字      中村石秋

 

 この吟行句は田中絹代ぶんか館3階の休憩室に展示されています。ミニ・ギャラリーにもなりますので、その他グループの作品展示にも利用できます。                                (古川 薫)     

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料