トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記113

つぶや記 113
辞典に拾う

 夏目漱石の日記を読んでいたら、「今日、辞書の中でこんな言葉を見つけた」という意味のことが記されていました。以来、わたくしも知識欲旺盛な漱石先生の「顰みに倣い」時に辞典類をめくることにしています。
 こないだ『日本人女性人名辞典』で、長州出身の青木周蔵(松方内閣の外務大臣)の妻となったドイツ貴族エリザベートのことを調べ、それから各項目に目が移っていくうちに、前回お話しした幕末の漢詩人・広瀬旭荘の妻のことが出てきたので、夜の更けるのもわすれて読みふけりました。
 しとやかな美人でしたが、旭荘は暴力をふるう癖があったので、結婚のとき妻に契約書をいれました。もしそれを犯したときは、誓約書を親戚一同に見せることも約束しました。
 やはり旭荘は家庭内暴力をふるいましたが、妻は誓約書を親戚にみせることもせず忍従して、作詩、著作に打ち込む夫を陰でささえ、ついに不治の病にかかりました。旭荘が妻の枕元で号泣すると、「男ハ女房ノ前デ泣クモノデハアリマセン」とたしなめて息を引取ったということです。
 もう少し詳しく、妻の名も知りたいとその辞典を繰りましたが、広瀬姓の項目になく、見つかりません。1000ページもある辞書なので、この稿に間に合いませんでした。こうなると辞典は不便ですな。そのうち、ついでのとき見つかったら報告します。
                                 (古川 薫)

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料