トップ > イベント情報 > ふるさと文学館 夏季所蔵品展「豊田行二」開催中です

☆夏季所蔵品展「豊田行二」

   豊田行二は昭和11年(1936)5月11日、下関市丸山町に生まれました。県立下関西高等学校から早稲田大学に進み、経済学修士課程を修了後、昭和36年(1961)4月に帰郷、防長新聞社記者を経て国会議員私設秘書となり政界進出を志します。しかし、健康面での不安や郷土で活躍している古川薫らの影響もあり、作家を目指すようになりました。
   昭和43年(1968)「示談書」でオール讀物新人賞を受賞、同時に第59回直木賞候補となり、文壇にデビュー。翌年単身上京し、文筆に専念するようになります。以後、政治小説、推理小説、官能小説など各分野で多彩な筆をふるいますが、体調不良のため、平成4年(1992)に帰郷。平成8年(1996)60歳で亡くなりました。
   今回は各分野の作品を取り上げ、「豊田行二」の作品の幅広さをご紹介します。

開催期間 :令和2年7月7日(火)~10月4日(日) 

開館時間 :9:30~17:00(入館は16:30まで)

観覧料   : 無料    

場 所   :下関市立近代先人顕彰館1階 ふるさと文学館 

                    TEL 083-250-7666
                    FAX 083-231-0469

★展示風景

IMG_2146'.jpg

IMG_2156'.jpg

 

豊田行二2020夏.jpg

 

 

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 田中絹代賞について 建物3D お客様の声 過去の講座資料