トップ > お客様の声

〇東京から来ました。200円の入館料で、これだけの資料や遺品を見ることができるとは驚きです。堪能しました。

                                        (2016/6/10 顕彰館自由帳より)

〇念願の此の地にやっと来れました。改めて田中絹代さんの偉業に深く感銘を受けて、胸が熱くなる思いです。
あれが銀熊賞の銅像なのですね。いろいろ多彩で楽しい時間を過ごさせていただきました。彼女のお顔が目に焼きついております。
本日は大変有難うございました。

                                        (2016/5/22 顕彰館自由帳より)

〇ふるさと文学館へ立ち寄った際に(田中絹代記念館も)訪館。祖母が好きだと言っていた作品名がたくさん出てきて驚いた。帰ったら祖母に聞かせたいと思う。

                                        (2016/4/15 顕彰館自由帳より)

〇以前はこの近くに住んでいました。又、若かりし頃、電話局に勤めて居ました。今は年を取り、田舎で暮らしています。
  初めて参りました。すばらしく良い場所で、又、船戸与一さんの作品色々展示され、非常に嬉しいことです。
  静かで、とても良い場所、こんどはゆっくりと参ります。今日は晴天、よい一日でした。ありがとう。

                                       (2016/4/14 顕彰館自由帳より)

〇下松市から来ました。下関市に住んでいる祖母から聞き、初めて来ました。山口に、ふるさとに、このようなすばらしいところがあったなんて、驚きも感じましたし、また誇りに思えました。
少し日常を離れて、時間がゆっくり流れているように感じます。県外や外国に友達ができたら、今度はその人たちを連れてまた来ようと思います。そのとき、また違う感想が書けるかな。

                                        (2016/3/26 顕彰館自由帳より)

〇この場所に来たのは2度目です。最初のときは団体で訪れましたが、今日は1人で来ました。電話交換手という職業に関心があったからです。大正というロマンが溢れながらも、現代より厳しいことも多かった時代を生きた女性たちの姿を少し感じることが出来たような気がします。
この休憩室で感想を書きながら大正の女性たちを思い浮かべています。

                         (2016/1/16 顕彰館自由帳より)

〇田中慎弥さんの直筆原稿など、諸々作品を読んだだけでは味わえないものがありました。

                      (2015.12月 来館者のみなさまへのアンケートより)

〇現在、大船近くに住まいしています。撮影所も今はありませんが、郷土の先輩である田中絹代さんについて知りたいと思い、来館しました。偉大な方だったんですね。今でこそ女性の社会進出を後押しするようになりましたが、その当時は大変な事も多かったのではと思います。その中での活躍にパワーをもらえる気がします。下関バンザイ!!

                                    (2015/11/21 顕彰館自由帳より)

〇父が電通に勤務、この建物が残される事を知り、大変喜んでいました。
43年生まれで96才まで元気で、下関には良く通い、必ずこの建物を見ていましたので私もとても嬉しいです。有難うございました。

                    (2015.11月 来館者のみなさまへのアンケートより)

〇初めて田中絹代記念館(2階)を訪れました。質素でまじめな性格がにじみ出ています。感銘しました。若い人にもっとみてもらい、人間の生き方の一端を感じとっていただきたい。

                                               T.Yさん

                                              (2015/11/3 顕彰館自由帳より)

〇田中絹代の映画を見たのは10才の時の「山椒大夫」。幼い乍ら心に強く残っています。女優としても人間としてもとても芯の1本入った強い人でした。
今日は久しぶりに彼女と会えて勇気をもらいました。彼女が亡くなった年齢を越えましたが、強く生きて行こうと思っています。

                                             徳島県 Kさん

                                            (2015/6/27 顕彰館自由帳より)

 

〇横浜から母(93歳)の看護で帰省しました。下関に一人在住の母が、このゴールデンウィークに脳出血で倒れ、下関市民病院に入院しました。左半身が完全マヒしました。昨年の帰省時に母とこの田中絹代記念館に来ようとしたのですがタイミングが合わずに来れませんでした。市民病院での看護の合間にここを訪れました。
学芸員の方の案内を頂き、田中絹代の育ちをはじめて知りました。王江小学校卒業とのことで、私の大先輩に当たることを知り、身近に感じることができました。母が元気に回復すれば、いっしょにもう一度来訪したいと思います。ありがとうございました。
                                              
横浜市 I.Tさん

                                            (2015/5/5 顕彰館自由帳より)

〇同窓会(中学校)と墓参りを兼ねて帰省した。直前に高校の先輩の船戸与一さんがなくなられて、ネットで追っているうち当館を知り訪ねた。満州国演義は8巻まで読んだので第9巻を読むのが楽しみだ。下関も文化の薫(かおり)がして頼もしい。

                                          (2015/4/26 顕彰館自由帳より)

○彼女の出演作「前略おふくろ様」をリアルタイムで見ました。その頃はかわいい「おばあちゃん」という感じでした。こんな頑張った人なのですね。この館もフィルムあり、解説ありで素晴らしい。

柏木市 Y.Kさん

2015/2/12 顕彰館自由帳より)

○無声映画からトーキー・カラー時代まで映画の生証人としての田中絹代さんの偉大な映画人生に大きな感銘を受けました。私も時代の流れを歴史の中で共に生きるような人生をいろいろと考えさせられました。入館させて頂いてよかったと思います

徳島県 木村 

2014/3/19 顕彰館自由帳より)

○田中絹代はよく知らなかったけど、来ていろいろわかってよかった。 説明してくれる人がいて助かった。

2012/7/10 顕彰館自由帳より)

○来館した子どもたちが感想を書いてくれました!


○近隣の中学生が、田中絹代についてわかりやすく新聞にまとめてくれました!

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料