トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記165

つぶや記 165
羅(うすもの)に絹代の翳

 俳誌「其桃」八日会の「田中絹代ぶんか館吟行」作品が寄せられましたので紹介します。なかなかの好句ぞろいで、このような視線で絹代記念館を観察すると、またひとしおの味わいがあります。1人5句が選ばれていますが、2句ずつを披露させていただきます。   (古川 薫)

枇杷熟れて一川街を貫けり        石秋

梅雨館鎖渦巻く銀時計           

羅に絹代の翳の小柄なる         泉

紅い団扇絹代の風にあたりたし     

潮の香の川飛び越ゆる夏の蝶      恵子

来し方の女優人生絽に透くる

愛用の珊瑚のかんざし梅雨微光     尚文

赤鉛筆で囲みし台本梅雨湿り

監督絹代手擦れの赤き夏帽子      初枝

古書店に帯封を解く濃紫陽花

在りし日の如く置かれし夏衣        悦子

設へし絹代の居間の夏座布団

半衿の刺繍の花火弾けをり         冨美

映写機の塗装の剥がれ古簾

梅雨微光絹代の台本朱に染まる      康成

銀幕の絹代の耀き夏近し

シナリオのなかの生死ひでり梅雨      元

黒揚羽型の古りたる旅鞄

赤が好き小さなグラス絹代館         美智子

甘き香の薔薇のアーチをくぐり来る

あぢさゐや絹代が憩ふ小座布団       清子

薫風や絹代の昭和ベレー帽

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料