トップ > 名誉館長のつぶや記 > 名誉館長のつぶや記13 「三国志とパンダ」

 つぶや記 13
  「三国志とパンダ」

  38人の「三国志の旅」ツアーを組んで、中国に行ってきました。武漢・成都・西安を飛び、孫権・劉備の連合軍が曹操ひきいる大軍と戦った「赤壁」、また諸葛孔明最期の地「五丈原」を踏査、三国志のふたつのクライマックスを想望し、古戦場のバーチャル・リアリティーに引き込まれました。 
   それにしても中国の人は歴史上の著名人物の石像、銅像を作るのが好きで、いたるところにそれが目立ちました。どこの国でも同じことをしているのですが、中国のは特別の感じを抱きました。特に三国志関係が多く、英雄崇拝の風潮は現今の政治情勢とも関係があるのか。わが国にもそれがいえるようですが、それにしては巨大な石像、銅像が少ないのは、中国のように国家の事業で偶像が建てられないからでしょう。
   しかし史跡に”人形”ばかり据えると、作り物の感じが臭って、興をそがれることにもなります。下関市のみもすそ川公園のレプリカ長州砲5門は多い。前田砲台が世界遺産へ近づいたという朗報を聞きましたが、そのあたりのことも一考の余地ありでしょうか。
   西安では、三国志とは無関係の兵馬俑抗の圧巻に舌を巻き、成都では、各国観光団がおしかけるパンダ公園の盛況にもおどろきましたが、上海空港は万博にもかかわらず意外に人影まばらでした。さてところで、三国志の英雄像やランド・マークのパンダ像を見ながら、田中絹代の胸像くらいはぶんか館に欲しいものだと、思ったことも付け加えておきます。

                                                                             (古川 薫)

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料