トップ > 経歴

日本を代表する女優 田中 絹代

下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

 日本映画の新しい時代を切り拓き、今も日本映画史に燦然と輝く、女優・田中絹代は、1909年11月29日、関門海峡を見下ろす下関市丸山町で生まれました。

14歳で銀幕デビューした絹代は、17歳で主演女優に抜擢され、67歳で没するまでの間、約250本の映画に出演しました。

特に壮年期以降の円熟した演技は、海外でも高く評価されました。
また、女優としては日本で初めての映画監督となり、6作品を発表しました。

「私は映画と結婚しました」と度々語っていた絹代は、晩年は下関を大変懐かしみ、「私が死んだら骨は下関のお墓に入れて欲しい」という言葉を残しました。
現在、下関市の中央霊園には絹代の墓があり、毎年、命日の3月21日には『花嵐忌(からんき)』と名付けられた市民墓参が行われています。

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料