トップ > イベント情報 > 西尾其桃没後80年/毛利碧堂生誕120周年 「下関が生んだ俳人・歌人」展を開催します。

 西尾其桃没後80年/毛利碧堂生誕120周年
「下関が生んだ俳人・歌人」展

開催期間 平成23年1月5日(水)から平成23年4月10日(日)まで
       開館時間 9:30~17:00
       休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日が休館)

場   所 下関市立近代先人顕彰館1階 ふるさと文学館
       山口県下関市田中町5番7号
       TEL 083-250-7666 FAX 083-231-0469

趣   旨 
昭和6年(1931)4月8日、西尾其桃死去。本年は西尾其桃の没後80年にあたります。兵庫に生まれ、後に下関に移住した西尾其桃は、医学を学ぶ傍ら俳諧をよくし、芭蕉の作風を受け継ぐ蕉風の再興に力を注ぎました。その名は全国に知られ、彼が興した俳句機関紙『其桃』には、全国から俳句が投稿されました。その機関紙は今も刊行され、400名を超える会員により支えられています。
 また、明治23年(1890)7月20日、清末毛利家に生まれた毛利元恒は、号を碧堂と名乗り、歌作、研究、評論、短歌雑誌『白梅』を刊行するなど、旺盛な活動を行いました。そこに寄稿する人々は日本のみならず、南米からも参加者があったほどです。
 この度は、明治から昭和にかけ、下関を代表する歌人・俳人として活躍したこの二人を紹介しようとするものです。

主    催  下関市立近代先人顕彰館

観 覧 料   無料

出品資料 ・「誹諧新式目」 元禄11年2月 洛陽書林刊
       ・「其桃集」   第一輯
       ・「碧波 一」  西尾其桃筆
       ・「津より関へ」
 西尾其桃筆
       ・「子の血汐」  西尾其桃句集
       ・「書画帖」     毛利元恒筆部分
       ・「莫忘帖」     毛利元恒筆部分

 IMG_1641.JPG

 IMG_1633.JPG

 IMG_1643.JPG

    

   

 

 

下関市文化振興財団
下関市近代先人顕彰館 田中絹代ぶんか館

下関市立近代先人顕彰館
田中絹代ぶんか館

指定管理者:
公益財団法人 下関市文化振興財団
〒750-0008
山口県下関市田中町5番7号
TEL 083-250-7666
FAX 083-231-0469

年間スケジュール ふるさと文学館収蔵品一覧 建物3D お客様の声 過去の講座資料